TAOC

  • TAOCのキーテクノロジーである
    「制振&整振」技術を集大成させた
    最高峰のオーディオラック

    音響機器セッティングにおける最高クラスの制振環境を提供するCSRシリーズは、私たちがついに到達した、自らの考えるオーディオアクセサリーづくりの頂点であり、TAOCの新たな原点です。

    TAOCの制振技術と整振技術。その象徴であるオーディオラックは、1991年にSSシリーズを発売して以来、脈々と続く伝統の継承と、常により高い品質を目指すTAOCのすべての技術研究の結晶とも言えるオーディオアイテムです。

    歴代のオーディオラックの中でも特に評価の高いCSラックの名を受け継ぎ、これまでのすべての技術を組み合わせて完成させたCSRは、ホームオーディオだけでなく、スタジオなどのプロフェッショナルの現場でも求められる高い機能性と音響効果を発揮する、一切の妥協がない究極のオーディオラックとなっています。

Features特長

特徴01棚板

特徴01棚板

❶ CSRの棚板は、CSRのためだけに特別に製作された、
史上最高級のオーディオボードです。

CSRの棚板は、特別に開発された最高級のTAOC オーディオボードです。棚板内部には、TAOCオーディオボードにも採用されている、六角形の蜂巣状の構造体に鋳鉄紛を敷きつめた独自構造「ハニカムコア」を搭載。

ハニカムコア内部の鋳鉄紛は、鋳物を造型したあとの鋳型から取り出すことができる粉末状の鋳鉄です。『適度な吸収』と『適度な発散』という2つの性質を持つ鋳鉄紛は、振動を受けた際に起こる微細な摩擦により、高い振動吸収性能を棚板にもたらします。
CSRの棚板は、本来の性能を存分に発揮できる、いわば最高クラスのコンサートステージをあなたの音響機器に提供します。

カラー:L

天然木材を使用した理由は、質感だけではありません。
CSRが常にこだわるもの、それはクオリティの高い音質です。

ハニカムコアをサンドウィッチする棚板には、厳選した天然木材を効果的に採用。TAOCのフラッグシップ・オーディオラックに相応しい品格に深みを持たせながら、豊かな音の響き、芯のある上質な音を実現しました。
オーディオラックの印象を決定づける棚板のフィニッシュは、2色。
あくまで音響機器を主役に引き立てる、落ち着きのある質感にこだわったWL(ライト)とWD(ダーク)をお使いいただくシーンでお選びいただけます。

あくまでバランス、整えることが本質です。

鋳鉄製スパイクインシュレーターと共に棚板を下側から支える固定板には、ハニカムコアはあえて採用していません。
すべての板にハニカムコアを採用した試作から研究を始め、徹底的に試聴と検証を繰り返した結果、上側の棚板にのみにハニカムコアを採用することを決定しました。

棚板全体、さらにはオーディオラック全体として最も良いバランスであることを導き出すことがTAOCのこだわりです。

❷ オーディオボードとも呼べるCSRの特注棚板はすべて、
スパイクインシュレーターの先端しか触れていません。

CSRは、1段の棚板を上下2枚の棚板で構成、さらにスパイク型インシュレーターの先端のみで支えるという革新的なフローティング構造を採用しました。

機器が載る上側の棚板はすべてにおいて、どのようなパーツとも触れず、干渉しない設計にこだわりました。
最上段の棚板は鋳鉄天キャップと触れない、それ以外の棚板は支柱とも触れないよう、各々に加工を施して完成させました。

支点となるスパイク型インシュレーターは、ロングセラーのTAOC ピン・プレートインシュレーターを基に、CSR専用として新たに設計。
インシュレーター分野で20年以上の実績がある振動絶縁テクノロジーにより、棚板の振動を他の段へ伝えずに適度に逃がし、最高クラスの棚板とともに非常にクリアな音質を実現しています。

❸ 土台がこんなにしっかりしているから、
「大きな違い」を生み出します。

ラック全体の基盤となる最下段の棚板には、厚みを増すだけでなく内部に補強材を、さらに底面にも特注の補強鋼板を装備した、前例のない特別仕様を採用。
最高クラスの剛性は、ラック全体の共振をも非常に高いレベルで防ぎます。

オーディオラックにおいて最下段をまず安定させることは非常に重要な要素です。
日本家屋に例えるならば、柱を受ける沓石(くついし)がしっかりしているからこそ、私たちは深いくつろぎに包まれた日常の暮らしを楽しむことができます。
同じように、オーディオラックにおいても、たとえ各段ごとに制振環境を整えたとしても、土台がどれほどしっかりしているか否かで、一聴して違いがわかるほど、測定結果は大きく異なります。

私たちは、最上段に設置するケースも多いアナログプレーヤーのその針の先まで、緻密に制振が整った環境を最下段からしっかりと提供します。

CSRは、徹底した高い剛性と低重心設計による拘束制振テクノロジーをラック全体で表現しています。
音色に影響しない振動を増幅を防ぎ、静寂とも評される高いS/Nが、システム全体をさらなる次元へ導きます。

❹ 鋳鉄独自の制振効果を
いたるところで使うから、
おのずとラック全体の完成度は
さらに高まります。

CSRは、音響機器本来の性能を充分に引き出すために、TAOC インシュレーターと同素材の鋳鉄を削り出した天キャップを採用。
最上段の固定板をホールドしながら、鋳鉄の素材特性を活かし、音楽に関わらない振動を取り除く働きをします。
なぜ鋳鉄を使うか。それはより良い音を求める上で最良の手段だと考えるから。あくまで私たちが追い求めるのは、より良い音です。

いたるところで確かな制振を行い、オーディオラック内部での共振を防ぐことで、CSRは音の収束が自然かつゆとりを持った音を実現しています。

特徴02支柱

特徴02支柱

CSRラックは、支柱の1本1本が
スピーカースタンドの支柱。
この贅沢な支柱すべてを
職人技で完成させました。

支柱内部に封入されている鋳鉄粉

CSRの支柱は、世界中のラックでも類を見ない、鋳鉄紛を内部に封入した独創的な支柱構造を採用。
TAOCのスピーカースタンドの鋳鉄粉入り支柱の摩擦制振テクノロジーを応用したCSRの支柱は、振動が支柱を通過する際に鋳鉄粉が震え摩擦することで、熱エネルギーに変換、他段への振動伝搬を収束させ、棚間のセパレーションをかつてないレベルにまで高めます。

この支柱を贅沢に使用することで、最上段から最下段まで、また最低音から最高音まで、すべての棚板にクオリティの高い制振がされた音楽的環境を提供、常に安定して機器本来の性能を存分に引き出します。

CSRの支柱はスピーカースタンドのそれと同じコンセプトですが、造りは大きく異なり、素材や形状の異なるいくつもの試作をならべ、様々な音楽とともに徹底した試聴と測定を行い、理想とする支柱を突き詰め完成に至りました。

その特殊な構造ゆえ、精密な加工を必要とするこの支柱は、CSRの棚板と同様に、熟練の匠の技でしか実現できない、極めて高い技術を要する最高峰にふさわしい特別な仕様となっています。

特徴03脚部

特徴03脚部

データに基づいた鋳鉄製スパイク脚は、
私たちの目指す究極のオーディオラックの、
最後の仕上げです。

TAOCオーディオラックで初となる、鋳鉄製スパイク&スパイクインシュレーター脚部を採用。

研究結果から導き出した、ピン構造の振動遮断テクノロジーと、鋳鉄の持つ振動減衰テクノロジーという2つの制振技術を組み合わせは、音の解像感とS/Nを飛躍的に高めることができます。
これはTAOCインシュレーターのフラッグシップ「スーパーインシュレーターシリーズ」の設計思想と同じもの。
オーディオラック脚部はある意味インシュレーターと同じ働きをすると私たちは考えます。

TAOCのすべての技術を集大成させた究極のオーディオラックCSRの脚部には、四半世紀以上実績のある鋳鉄製インシュレーターの研究の末にたどり着いた、究極のインシュレーターと同じ高い音質と確かな信頼性をもたらします。

Line upラインナップ

    • CSR-1S-L
    • CSR-1S-D

    CSR-1S-L/D
    ●重量: 17kg ●耐荷重: 1段あたり100kg まで

    • CSR-1S-L
    • CSR-2S-D

    CSR-2S-L/D
    ●重量: 34kg ●耐荷重: 1段あたり100kg まで

    • CSR-3S-L
    • CSR-3S-D

    CSR-3S-L/D
    ●重量: 50kg ●耐荷重: 1段あたり100kg まで

    • CSR-4S-L
    • CSR-4S-D

    CSR-4S-L/D
    ●重量: 66kg ●耐荷重: 1段あたり100kg まで

Spec/Finish仕様・仕上げ

支柱
鋳鉄粉入りスチールパイプ
ブラック つや消し塗装
棚板
鋳鉄粉入ハニカムコア採用5層構造ボード:W620×H27×D500㎜
天然木突き板仕上げ
固定板
高密度MDF:W620×H18×D500㎜(上段/中段用)、W620×H30×D500㎜(最下段棚板)
棚板支持
スパイク&プレート
脚部
鋳鉄製スパイク&受け皿
ブラック
カラー
ライト(L) ダーク(D)

Customizeカスタマイズ

基本セットにセットユニットを足していくことで、
お好みの支柱長さによるオリジナルカスタムラックを作ることができます。

こんな人にオススメ

● 自分の機材が棚にピッタリ入るようにしたい
● 熱を持つアンプ等のために棚間に高さが欲しい

  • セットユニット

    ●内容
     棚板、固定板、棚板支持スパイク、支柱、組立てネジ

    型番の見方

    ●型番一覧

    CSR-F413L/D <L:130㎜>
    CSR-F418L/D <L:180㎜>
    CSR-F423L/D <L:230㎜>
    CSR-F428L/D <L:280㎜>
    CSR-F433L/D <L:330㎜>

    <L:棚間の寸法です>

Optionオプション

  • キャスターセット

    ●内容
    ・ロック付き×2、ロックなし×2
    ・静耐荷重: 120kg/1個
    ・キャスター径:Φ60mm
    ・スパイクからキャスターに変更した場合、
     ラック全体の高さが85mm高くなります。

  • CS-214 (4個1組)
  • 支柱セット

    型番の見方

    ●型番一覧

    CSR-P413 <L:130㎜>
    CSR-P418 <L:180㎜>
    CSR-P423 <L:230㎜>
    CSR-P428 <L:280㎜>
    CSR-P433 <L:330㎜>

    <L:棚間の寸法です>

  • CSR-P423<L:230㎜>

商品に関するご注意

※TAOC製品はすべてオープンプライスになっております。販売価格は、販売店にご確認をお願いいたします。

※鋳鉄製造方法に起因する凸凹が製品表面にみられますが、性能には影響はございません。