スピーカーシステム
生産完了
FC C180
FC C180 photo
トゥイーターには、CORONET FC7000およびFC3000と共通のソフトドーム型を採用。ウーファーにはFC3000と同タイプの16Ωユニットをパラレル接続で2個採用。これによりFCシリーズと音色の統一化が図られ、FC7000およびFC3000と組み合わせることで、シアターサウンドにも、ピュアオーディオにも対応できる、完成度の高いマルチスピーカーシステムが構築できます。
アイシン高丘は、鋳鉄の成型・加工に数多くのノウハウを持っている会社です。鋳鉄は、顕微鏡で見るとちょうどキャベツの葉を1枚1枚剥がし、ランダム方向に密に並べたような構造になっています。この構造が外部からの振動を吸収。つまり、スピーカーシステムの部材として求められる音響特性である「剛性を持ちながらも内部損失の大きい素材」という特性を備えたのが鋳鉄なのです。TAOCでは、持ち前の鋳鉄テクノロジーを自在に駆使して、高音質スピーカー・システムを開発。センター・スピーカー・システム『CORONET FC C180』も、その集大成のひとつです。
図
共晶セル中の黒鉛構造
FCシリーズに共通した、フィルムコンデンサー、無酸素銅線大型空芯コイル、無誘導抵抗など高音質パーツを採用。12mm厚のMDFボードにフェルトを敷いて取り付けることで、制振性を高めています。また、結線には合金のハンダを使用せず、カシメ接続とすることで音の鮮度を保っています。さらにスピーカー端子もWBT製の端子を使用。バイワイヤリング接続に対応しています。バイワイヤリングのジャンパー線には無酸素銅線を弱く撚ったケーブルを採用するなど細部にわたって高音質を守る設計としています。
photo
内部構造
FC C180の内部構造
FC C180 生産完了
●形式 2ウェイ・バスレフ型
●使用ユニット   高音域/2.8cmソフトドーム型、
中低音域/18cmノンプレス・パルプコーン型
●周波数特性 35Hz~30KHz
●出力音圧レベル 88dB/1W
●最大入力 240W
●インピーダンス
●クロスオーバー 2,500Hz/12dB
●入力端子 バイワイヤリング対応
●最大外形寸法 H・276×W・840×D・364mm
●重量 24.5Kg
300DLC
300DLC photo
生産完了
300DLC
(2本1組)
● 仕上:ハンマーネットブラック
● 材質:ハイカーボン鋳鉄
● サイズ:W・100×D・300×H・140mm
● 底板:36×42cm
● 重量:8.5kg(1本)