スピーカーシステム
生産完了
FC S300
サブウーファ
TAOCが目指したのは、
音階をクリアに聴き分けられる
重低音再生です。
エンクロージュアおよびユニットの
不要振動を徹底的に排除。
さらに特殊な音道構造により、
低音再生限界周波数を下げ、
十分な重低音再生能力を確保。
内蔵アンプにも、1ビット方式の
デジタルアンプを搭載することで、
スピード感のある重低音再生を実現。
FC S300で、かつてない、
きれいで自然な重低音をご堪能下さい。
photo
Powered Subwoofer
FC S300
TAOCの設計思想
TAOCの音づくりは、ユニットの性能を最大限に引き出すことを基本ポリシーとしています。こだわったのは「自然な響き」。振動板をその能力以上に強制的に動かさずに、振動板の自然な動きでの性能をいかに最大限に引き出して重低音を再生するか、その答えがFC S300です。
特殊な音道構造を採用
ユニットの背部音を位相反転し、バスレフポートから重低音として解き放つ音道構造には、特殊な構造を採ることで、低音再生限界周波数を下げ、十分な重低音再生能力を確保しています。
不要振動を徹底排除
重低音のもたらすエンクロージュアへの振動は、想像を越えます。この振動を押さえないと、キレのある低音は実現しません。FC S300では内蔵物については徹底的に制振対策を施して共振を排除し、エンクロージュアは高剛性と響きの両立を図ることで音階をクリアに聞き分けられる重低音再生を実現。
デジタルアンプを内蔵
内蔵のアンプには、300Wの大出力を備えた1ビット方式のデジタルアンプを搭載しました。これによりスピード感のある重低音再生を実現しています。
独自の整振テクノロジー
30cmロングストロークタイプのウーファユニットは、ハイカーボン鋳鉄製の「マウントリング」を介してエンクロージュアに固定する、アイソレーテッドマウント方式を採用しました。このリングは土台としてユニットの強力な動きを受け止め、ユニットの力の分散を防ぎます。さらに、リングはユニットの振動が直接エンクロージュアに伝わるのを押さえ、エンクロージュアの音楽に関わらない振動を防ぐとともに、振動板の強力な動きにより生じるユニットフレームの微小変形を防ぎます。これらは全て音の歪みの排除という絶大なる音楽性への効果を生み出します。その他、エンクロージュア内部の適所に独自の制振シートを配置し、不要な振動を除去しています。エンクロージュアの底部にはハイカーボン鋳鉄製のインシュレーターを配置し、底板の響きを確保しながら床への振動伝播を最小限に抑えました。
リモコンはじめ便利な機能を装備
ゲイン調整、LPFカットオフ周波数調整、電源ON・OFFが手元で行えるワイヤレスリモコンを付属しました。入力はピンジャックによるアンバランス入力に加え、バランス入力も装備。なお、アンバランス入力にはカスケード接続用のループスルー出力も装備しています。さらに、信号入力連動型のオートパワーOFF機能も装備しました。
photo
スピーカーネット装着時
photo photo
背面端子部 フロントスイッチ部
パワードサブウーファー
FC S300
主な仕様
●形式 アンプ内蔵型サブウーファー
●使用ユニット 30cmコーン型(ロングストロークタイプ)
●周波数特性 20~120Hz
●アンプ型式 1ビット方式デジタルアンプ
●最大出力 300W
●LPFカットオフ周波数 40~120Hz(連続可変)
●LPF遮断特性 24dB/oct.
●アンバランス入力 RCA、R/L(MONO)
●アンバランス出力 RCA、R/L
●バランス入力 キャノン、R/L(MONO)
●その他機能 内蔵LPFバイパス
オートパワーOFF
リモコン(ゲイン調整、LPF調整、電源ON・OFF)
●消費電力 65W(待機時5W)
●最大外形寸法 W・396×H・662×D・508mm
●重量 46Kg
●付属品 リモコン、電源ケーブル
2003年10月発売